苦労、失敗談、敗因と勝因のまとめ



 

■試験直前に残業が続いて勉強が十分に出来ずにもうだめかと思いましたが、少しの時間でも無駄にせず、過去問を説き続けたことが勝因だった。


 

■自分の仕事と自習する時間との調整ができ、自習する時間を増やせた事が勝因だった。

 


 

■1年目の敗因は、アウトプット不足過去問を繰り返し解くことにより、正確な知識と応用力を身につけた

 


 

■初回受験は、本の丸暗記で受験した結果不合格で、しかも自分が落ちた理由が理解出来なかった。
ところが、深く勉強することで、当時の何がダメなのか理解することが出来た

 


 

■ 1回目の受験は、基礎もできていない状況で数多くの「予想問題」に手をつけてしまい、その結果「不合格」ということになってしまった。


 

■1年目は独学で失敗。振り返れば、学習達成目標とスケジュールが不明瞭だった。
2年目は講義を受講したことで、カリキュラムに沿い、確かな手応えで勉強できた

 


■年齢と本人の性格もあり、集中力が続かず、覚えが悪く苦労しました。同じ問題の同じところで何回も間違える有り様だった。

 


 

間違えた問題と回答をノートに記入し、テキストの該当箇所を探し、赤線を引いた
この反復で弱点箇所が明確になり、直前期は弱点箇所を集中的に学習することで、合格できた。

 


 

 

■初回の受験では、自己採点であと1点足りなかったので、悔しい思いをした。
2回目の受験では、過去問を中心にして、要点をつかむ学習方法にした。

 


 

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>