試験勉強の進め方


管理業務主任者試験の勉強の進め方

ここでは具体的に実践した暗記法や勉強方法をご紹介します。

 

管理業務主任者試験の勉強の進め方:目次

 


1.目標と計画を立てよう

2.知識をインプット

3.管理業務主任者試験に必須知識の暗記

4.管理業務主任者7〜10年分過去問を正解するまで解く

5.管理業務主任者模擬試験を受けて本番に慣れる


 

 

1.目標と計画を立てよう

 

■まずは、何が何でも今年に合格する!という強い信念を持ちましょう。

 

想定する勉強時間の目標は、1日あたり3~4時間で、合計500時間以上です。

 

宅地建物取引主任者やマンション管理士の勉強をされた方は、
試験科目が重複しているため、期間は短くても良いかもしれませんが、
一般的に最低6ヶ月間は必要だと言われています。

 

 

毎日時間が取れないという方は、毎日のタイムスケジュールはどうですか?
マンション管理業界など不動産業界にいらっしゃる方、その他の仕事でも
夜遅く、勉強する時間がない・・・と思うかもしれません。

 

 

時間が無いのは皆さん同じです。
むしろ時間がない方のほうが有効に時間を使い、短時間でも身のある勉強をしようとします。

 

実際に僕も夜が遅く時間がない!と言っていました。
しかし、年に1回しか無い試験、会社の立場的にも絶対必要、自分にも人にも負けたくない!

 

 

僕は、手帳にまず「今年管理業務主任者に合格する!」と書きました。
そしてスマホのメモ帳にも書きました。

 

 

特に目標を書くことはすごく大事で、夢が現実味を帯びてきます。
僕は、目標は何でも手帳に書いて、よく見るようにしています。
大きな目標から、中期的、毎月と目標を立てるようにすると、
大きなことを成し遂げやすくなります。

 

(例)

最終的な目標

今年管理業務主任者に合格する!

中期的な目標 ◯月  民法、区分所有法
◯月  ーーー
◯月  ーーー
◯月  過去問
◯月  過去問
◯月  模擬
◯月  試験! 合格!!
毎週の目標 ◯月
1週目  民法 知識のインプットP◯まで
2週目  民法 知識のインプット〜P◯まで
3週目  民法 問題〜P◯まで
4週目  民法 問題〜P◯まで  復習
毎日の目標 ◯月◯日  P◯〜P◯まで

 

目標を立てて、実行できたかどうか、できなかった場合、何がいけなかったのか、どう修正したらいいのか考えてみてください。

 

 

 

 

■理想の計画

理想の計画

 

 

2.知識をインプット

 

マンション管理業務主任者についての知識をインプットします。
民法や区分所有者法など基本用語などや、この後覚えるべき表などのイメージをつかみます。

 

 

管理組合とは?総会とは?区分所有者法とはなんでしょう?

一度勉強したことある人は、1年経っていると思いますので、
再度理解不足のところは読んでおきましょう。

 

 

ここでペンなどをむやみに線を引く方が多いですが、僕個人の意見として、
最初は線を引かないで、何度も間違えたところのみ引くようにするといいでしょう。

後から見た時に、自分の弱点が詰まった最強の自分オリジナルの参考書になるからです。

 

 

3.管理業務主任者試験に必須知識の暗記識をインプット

 

 

2ヶ月ぐらいを目標に、参考書の図や語呂合わせを利用して、必要知識をまとめて暗記します。
ここで大事なのは、単語だけでなくて関連付けて覚えることです。
民法と区分所有者での違いなど。
完璧に覚えても後で忘れるかもしれません。
しかし、繰り返ししていくことで、自分の知識となります。

実際には問題を解いて、その暗記した知識がいかされないと意味がありません。
問題は過去問で解いていくので、参考書等の暗記必須事項になっているものを
暗記していきましょう。

 

 

おススメの暗記法

 

 

 

4.管理業務主任者7〜10年分過去問を正解するまで解く管理業務主任者試験に必須知識の暗記識をインプット

 

 

 

知識をインプットして、暗記をしたら、いよいよ過去問を解きます。
過去問は、暗記した知識を、実際に問題を解くことで、自らの知識として定着させ、
問題の出題のされ方、引っかけのパターンを覚えます

 

 

ここで、過去問集は各設問の解説が詳しく書かれているものがオススメです。

10月末までに9割を目標に過去問に取り組みましょう。

 

 

■問題は1つの設問ずつ、正解か不正解かを自分なりに書いていく

 

何度も解くことになるので、過去問題集には直接書き込まず、ノートに回答を書いていきましょう。

 

 

 

解答例:間違いはどれ?という問題に対して

1○
2○ ★
3○
4× ※〜だから(理由を書く)

 

 

正解は4だと思うので、☓印をつけます。その時に理由を書いておきましょう。
また、わからないものは★をつけておきましょう。

問題集の解答の開設を見て、理由があっていたらOKです。

 

そして、問題集の番号の横にもシャーペンで○☓と解いた日付を記入して、正解していたのか間違っていたのか記入しておきます。
次に解いた時に目安になります。

 

 

ここで重要なのは、何度問題を解いたかではなく、すべての選択肢について正解を導き出せるかどうかです。

だいたい3往復すると、だいたい問題集の横の印が、正解のマークに変わっているはずです。
もし、変わっていない場合は、何度も解きましょう!

 

 

 

 

 

章毎に暗記→過去問→わからなければ参考書で知識を再インプット→暗記→過去問→ 繰り返す

 

勝利のスパイラル

間違えたところを克服することが、一番レベルアップできます。
なので、間違えたところを参考書で再度インプットして、
暗記し、だいたい4日後にもう一度過去問を解く
という作業を繰り返ししましょう。

 

 

間違えたところは、参考書で網羅できていない場合もありますので、
そこは関連箇所にシャーペンで記入すると、空き時間に参考書を見るときに
関連付けの暗記がしやすくなります。

 

 

 

また、何度も何度も間違えたところは、引く線の色を変えたり、太くしたり工夫しましょう。
参考書がカラフルになっていたり、太くなっているところは、自分の弱点です

 

 

 

 

 

5.管理業務主任者模擬試験を受けて本番に慣れる

 

マークシートに慣れること、時間配分、試験の雰囲気がわかる

 

自分の実力を知り、弱点がわかる

 

過去問にない問題を解くことができ、予想問題にもなる

 

 

 

全部インプット終わっていない!
過去問がまだ終わっていない!
ではなく、今現在の力試しのために、必ず受けることをおすすめします。

 

 

 

**関連記事**

マンション管理業界在籍者 毎日忙しい人

働きながら資格を取りたい、と考えた時に、
一番気にしている人が多いポイントの一つが「忙しくて時間がない!」ということ。

このページでは、マンション管理業界在籍者 毎日忙しい人にもおすすめな勉強法
まとめてみました!

詳しくはこちら

 何度も不合格 今年こそは合格したい人

何度受けても不合格・・・
「今年こそは絶対合格したい!」という方は、何点足りなかったですか?

今年合格されたい方は、確実に苦手箇所を把握し、克服することが一番です このページでは、何度も不合格 今年こそは合格したい人におすすめな勉強法をまとめてみました!

詳しくはこちら

 初心者で一から勉強を始める人

初心者の方でも、一発合格することは可能です

ですが、膨大な範囲の情報を整理できず、途中で投げ出してしまう・・・という方も実は多いのです。

このページでは、まったくの初心者で一から管理業務主任者資格の勉強を始める方に、おすすめの勉強法をまとめてみました!

詳しくはこちら

 自分での学習に限界を感じる人

自分一人での学習では自信が無い、という方には、決まった時間に講義があり、スケジュールが管理されている通学タイプの「スクール」がオススメです。

ただし、復習や講義の内容を自分のものにするには、必ず自分で学習する!ということは絶対に省くことができませんので、スクールでスケジュールに合わせて自分自身で勉強をこなせるようにしましょう。

詳しくはこちら

 自分の好きな時間、好きなペースで勉強したい人

自分一人独学では自信が無いけど、決まった時間の講義を受けるより自分の好きな時間、好きなペースで勉強したい人は、DVD講義、WEB講義講義で、効率よく合格できる「通信講座」がオススメです。

詳しくはこちら

 徹底したサポートを受けたい人

自分一人独学では不安がいっぱい、という人は、徹底したサポートのあるスクール」がオススメです。

詳しくはこちら

  無駄なく確実に合格したい人

自分一人独学では時間がかかって無駄が多い、という人は、無駄なくカリキュラムで確実に合格できる「通信講座、スクール」がオススメです。

詳しくはこちら